FC2ブログ
立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
2年前と初めてと

経営学部経営学科1年 内藤萌

今回初めて唐桑ツアーに参加しました。今回訪れた気仙沼、陸前高田に行くのも初めてでした。2年前の高校二年生のときに岩手県の大槌町を訪れていたので、場所によってどう違うのか、その歳月の間で何が変化したのかに興味があり参加を決めました。
早馬神社から最初に見下ろした景色は、想像以上の被害の大きさを物語っていました。それまでの道ではきれいになっているところも多いなという印象でした。しかし津波の被害がひどかったところでは盛り土は進んでいますが、見た感じもまだ復興は先という印象を受けましたしこのあとどう利用されるかははっきりしていないと聞いて、これからどうなるのかなと感じました。
米沢さんの話を実際の現場にいってお話を聞けたのはとても貴重な経験であったと思いました。まさか津波がくるとは思っていなかったこと、屋上まで波が来たこと、足元まで海のようであったこと、一晩中上で過ごしたこと。事実としてはわかっていても、実際に話を聞くとより実感し、恐ろしさがわかりました。今お話を思い出しても複雑な気持ちになります。家族を亡くしてもそれを伝えてくださる人がいることをとてもありがたいと思いました。
仮設住宅を見ることができたのも大きな収穫でした。初めて訪れたのにとても暖かく向かえてくださったことに感動しました。一人一人思うところがあるのだと思いますし、言葉の中に震災という経験が反映されているのではないかなと感じました。それと同時にこれから出ていく人が増えるにあたり、仮設でのつながりを保つのはやはり難しいのかなと思いました。どうにかしてそのつながりを保つ方法がないのかなと思います。
前回のツアーでは景色を見る、探索がメインでしたが今回は実際に被災した方に話を聞くことが中心で、一言で被災地を訪問するといっても色々なアプローチの仕方があるのだと感じました。それはからくわ丸の皆さんと話しているときにも感じたことです。震災に視点を置くFrontiersのツアーと唐桑の生活を体験したり、ワークショップなどを行っているからくわ丸のツアーでは見たこと、感じたこと、唐桑や震災の印象がずいぶん違うのではないかと思いました。
様々な人たちの話を聞いて感じたのは、二年前の人は後ろを向いていたけれど、今回は前を見ている人が多かったことです。人によって違うとは思いますが、震災ありがとうと口にする馬場さん、事実として受け止めこれからの復興にも目を向けている米沢さん。その変化で、時の流れを少なからず感じました。たぶんその言葉の裏にはいろんな感情があるのだと思いますが、少なくともそう言えるようになったという変化があるのだと思います。自分からもっと話しかけていくことができれば、より多くの人の考えや他の側面を見ることができたんじゃないかなと思います。なので、次は背景をより知ったうえで行ったり、勇気をもって話しかけに行きたいです。
コンセプトは達成できたかなと思います。二年前とのつながりとして、復興を実感したり考えの変化がありました。唐桑ではやっと点が生まれたと思います。復興を見るために何度も訪れ人と人とのつながりを点から線、線から面へと作っていきたいと思います。来る意味がどこにあるのかなと考えることもあります。ですが、その答えを見つけるためにも、この先の変化を見るためにもまた訪れたいなと今は思っています。

スポンサーサイト




【2015/11/24 17:03】 | 活動報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック