FC2ブログ
立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
Mr_ChibaMasaki

岩場を案内してくださる千葉正樹さん


ツアー3日目の午前は、前日までとは雰囲気を変えて少々スリリングな体験を。唐桑半島で農家を営まれている千葉正樹さんにガイドをお願いし、巨釜・半造付近の沿岸部の岩場でトレッキングを行いました。千葉さんは農業のみならず、半島のツアーガイドやトレッキングガイド、カヌーやシーカヤック体験の提供といった「唐桑へ人を呼ぶ活動」をされています。Frontiersでは、昨年のツアーの際もお世話になりました。


Trekking

慎重に岩場を進むメンバー


今回は一般参加者も含めて初めて体験するメンバーが多く、足場のない岩場での移動に悪戦苦闘。どこに手足をかければバランスがとれるかを自分で考え歩みを進めていくことは、まるでパズルのような面白さがありました。眼下に広がるは、荒々しい波が音を立てながら打ち寄せては返す東北の海。そのあまりの迫力に、大自然の偉大さを改めて実感せずにはいられません。折石をのぞめる大きな岩に上らせてもらったり、打ち上げられた天然のホヤを初めて目にしたりと物珍しさに心躍らせ、そうしてようやくたどり着いたのは、飛沫のかかる波打ち際ぎりぎりの場所でした。「一見海に浸かっていなくとも、岩の色が変わっているところまでは波の来るところ。逆にそれさえきちんと見極めれば、海はそんなに怖くはないんだよ」と千葉さん。こうしたこともあり、私たちは間近で臨場感ある波を楽しむことができました。改めて、こういった場に来る際の正確な知識の大切さを痛感します。とはいえこの日は一際波が荒かったらしく、最も大きな波が大量の飛沫をまき散らしながら轟音とともにこちらに向かってきたときは、さすがに恐怖を感じました。それとともに突きつけられたのが、自然を前にした人間のなんとちっぽけなことかということ。日常にはない、まさに「生きた体験」ができたのではないでしょうか。


sea_spray

この日一番の波しぶき


トレッキングを終えた後に、巨釜~半造へと抜ける唐桑の自然を堪能しました。唐桑独特の草木が生い茂る森の中を進むのは、東京での生活に馴染んだ私たちにとってとても新鮮かつ気持ちの良い経験となりました。途中、メンバーの要望から海岸に寄り道した際、砂利の浜辺を進みながら聞いたのは、近年海岸がコンクリートによって固められ、天然の浜辺が少なくなっているという千葉さんのお話。中でも印象的だったのは、「津波で破壊されたのは人工物であり、自然はほぼその形を変えていない」ということでした。もはや当たり前となった人工物に囲まれての生活ですが、それらはすべて自然界にとっては異物も同然なのだと。自然災害を通して、人々の作り出したものの有限性を知り、その儚さ、あっけなさに、しみじみと想いを馳せたひと時でした。

(文学部3年 森田樹奈)


スポンサーサイト




【2019/05/29 00:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック