立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
「行きたい」し「行くべき」な唐桑ツアー
社会学部現代文化学科1年 
冨田美月

 今回の唐桑ツアーで、東北に訪れるのはツアーとしては2度目、個人的には7度目となる。特に前回のツアーから今回までの間に、陸前高田にはよくお邪魔したため、だいぶ現地での土地勘もついてきて、自分にとってより馴染みのある場所になってきた。
 なぜ、自分がこのツアーに参加しているのか、前回のツアー以後、今回のツアー中も含めて自問していた。このツアーのコンセプトは、「ボランティアらしくないからできること」だ。よく、友人や周りの人に何のサークルに入っているかと問われて「ボランティアサークル」と答える自分だが、正直ボランティアをしているという感覚は全くなかった。そもそも「ボランティア」という言葉の解釈は様々あるのだと思うが、私の感覚では、何かを支援したり与えたりしている感覚はなく、むしろ得るものばかりの活動なのだ。だから、この「ボランティアらしくないからできること」というコンセプトのもとで進められる唐桑ツアーが私にはとてもしっくりくる。「ボランティア」に代わるなにかいい言葉はないものか、と思うがまだその答えは出ていない。
 今回でお会いするのは4度目となる、陸前高田の米沢祐一さんは、そこを訪れる人々に対して「何もないところによく来てくれるな、と思う」と仰っていた。それに対して、私はつい「そんなことありません」と即答した。そこに、なぜここに来続けようと思うかのヒントがあったように思う。「確かに、津波で街そのものは流されてなくなってしまったかもしれないけれど、私がここに来るたびに、この街の人々の温かさを様々なところで感じていて、それに触れるたびに「またこの人に会いたいな」という想いになるんです。そういう人や街の温かさがここにはあるし、おいしいご飯だってたくさんある。私は、ここに来たくて来ているんです。」そんなふうに話したと思う。はじめは「支援」のつもりでいたが、このツアーを通して自分の中の根本から、「ここにまた来たい」という想いが生まれた。私の言葉のあと「それ(来たいから来るということ)はいいと思う。そう言ってもらえるとうれしい」と米沢さんが仰ったのを聞き、そんな自分の想いがまたこちらの方にとってもいいことなのかもしれないと思い、それがまた嬉しかった。
 二日目にお会いした、プロの語り部をされている釘子明さんからは、初めて聞く避難所でのエピソードや、災害に備えるべきことなど、かなり具体的な話を詳細に話してくださった。「次に起こるかもしれない災害に備えることが、東日本大震災で亡くなった方への供養にもなる」とのお言葉を聞いて、もう一つ、ここに来続ける理由を見つけたように思う。
 この震災を「忘れてはならない」とはよく聞くし、私もそう思う。しかしこれは、震災を経験した方が言うのと、経験していない私のような立場から言うのとでは少し意味が違うのかもしれない、とこの時思った。言葉の重みの違いということではない(確かにそれもあるかもしれないが)。こちらでお会いする方々が口を揃えて必ず仰るのが、「私たちが経験した苦しみを同じようにあなたに経験してほしくない、絶対に」という言葉である。私はこの言葉を言われてから、東京に戻ってきてもたびたび小さな地震が起こると、その言葉を仰った方の、その言葉を仰っている時の目が頭をよぎる。そして、小さな地震であっても安心せず、「もし今これが大きな地震だったら自分は生きていられただろうか」と考えるようになった。これは、東北に顔の見えるつながりを持ったからこそ感じられるようになったと思っている。そうは言っても、まだまだ「忘れて」しまう瞬間が私にはあるし、知らないこともたくさんある。だから、自分の気持ちの問題だけでなく、ここに行き続けるべき理由があると感じた。このツアーは、本当に様々なことを自分に気づかせてくれる、意義の大きい活動である。これからも、ずっと続けていくべきだし、自分の意志としても、続けていきたい。

スポンサーサイト

【2017/03/26 20:02】 | 活動報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック