立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
唐桑ツアー報告書
社会学部社会学科1年
深井吾朗

 私は今回初めて唐桑ツアーに参加した。唐桑はおろか、東北にすら行ったことがなかった私は、このツアーに参加することを楽しみにしていた。唐桑ツアーに大きな期待を込める一方で、震災から五年という節目を経過したこの時期になって初めて東北を訪れるということに対して、いまさら東北を訪れても遅いのではないかという不安もあった。期待と不安の入り交じった気持ちを抱きながら、東北へ出発した。
 一日目。レンタカーを待つ間に立ち寄った気仙沼駅前にある観光案内所で、案内所の方が写真を交えながら震災前後の気仙沼の様子について語って下さった。少し立ち寄っただけの私たちにたくさんのことを語って下さる姿を見て、少しでも私たちに震災について知ってほしいという思いを感じとることができた。昼食を終えた後、陸前高田にある米沢祐一さんのビルを訪れた。米沢さんは、このビルの最も高い部分によじ登って、水しぶきを浴びながらも津波に流されるのを免れたそうだ。私もその場所に登らせていただいた。実際に登って、米沢さんの体験を想像してみた。最初に感じたのは寒さだった。分厚いコートを着ていても寒さで体が震えた。次に孤独感を感じた。辺り一面を海に囲まれ、誰一人周りにいない状況はとにかく怖かっただろう。体調を崩してしまい、米沢さんのお話を最初から聞くことはできなかったが、米沢さんは最後に「今のここからの景色を覚えて、復興が進んだ陸前高田の姿を見にまた来てほしい」とおっしゃられていた。土に覆われた景色はしっかりと目に焼き付けた。一歩でも復興が進んだ姿を見に、必ずまたこの場所を訪れたい。夜は馬場国昭さんに会うために、かえる塾を訪ねた。国昭さんは私たちのことを「震友」だと語って下さった。震災があったからこそ出会えた友であるという意味だ。私は震災をこのように前向きに捉える発想がなかったので、面白い考え方だと思った。
 二日目。語り部として活動されている、釘子明さんの講演を聞いた。実際に避難所の運営に携わった釘子さんだからこそ語れる、避難所での生活のお話は非常に貴重なもので、とても勉強になった。特に、子どもたちから助け合いの輪が広がっていったというお話が印象深かった。講演を聞いた後、釘子さんに陸前高田市内を案内していただいた。タピック45では、建物が震災当時のまま残されており、津波の脅威をまじまじと感じることができた。津波によってねじり切られた木々を見たとき、人間が巻き込まれたらひとたまりもないことがよく分かった。釘子さんと最後に訪れた場所には未だに瓦礫の一部が残されており、震災の爪痕を見ることができた。釘子さんは、おそらくご遺体がまだ土の中にいくつも眠っているとおっしゃられた。震災からもう五年経ったのではなく、まだ五年しか経っていないのだと感じた。
 三日目。唐桑で専業農家をされている、Mさんにお会いした。Mさんのご自宅には津波で浸水した痕が残されていた。私たちはMさんの農場やプライベートビーチを見せていただいた。唐桑の長閑な風景を見て私は、自然は時には我々を襲うが、自然は愛すべきものであり、共存していく必要のあるものであると感じた。Mさんのお話を聞いていると、Mさんの唐桑に対する愛がひしひしと伝わってきた。この日は体調不良のため、昼食前に帰宅した。また機会があれば、Mさんに唐桑を案内していただきたい。
 私は今回の唐桑ツアーを通じて、震災から五年経ったからいまさら行っても遅いのではなく、五年たったからこそ行く意義があるのだと学んだ。テレビや新聞で震災のことが分かったつもりでいたが、やはりそれは間違いであった。実際に行ったからこそ学べたことは本当にたくさんあった。また来てほしいと願うたくさんの人達の思いを受けて、私は必ずまた東北を訪れたい。

スポンサーサイト

【2017/03/26 19:57】 | 活動報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック