立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐桑ツアー報告書
社会学部現代文化学科2年
珠村 智

 被災地を好きになることが、復興支援ボランティアを続ける動力源ではないだろうか。私はFrontiersの活動を通して東北を好きになることができた。今回のツアーでは唐桑半島にある早馬山や巨釜に初めて行くことができた。壮大な光景は、まさに景勝地という言葉がふさわしい。そんな、見たことのないすばらしい景色を、5回目の唐桑にしてようやく見ることができた。東北のことを、また一つ好きになった。
最近強く感じることがある。東日本大震災が多くの人の心、そして人生に強い影響を与えたということだ。それは現地にいる方々だけでなく、東京に住む私たちのような学生でさえもかなり影響を受けている。Bさんが使う「震友」という言葉が表すとおり、震災がきっかけとなった出会いがある。
Bさんには毎回のツアーで会いに行っていた。しかし8月に実施したツアーではBさんに会うことができなかった。がんの手術のため、仙台の病院に入院していたからである。その後退院なさったため、今回のツアーでは3日間通してお話しを聞くことができた。仮設住宅でお話を聞くなど、毎回貴重な経験をさせていただいている。
 少し不謹慎だが、私は震災を機に東北のことを大好きになった。震災がなければこんなにも東北に行くことはなかったし、Bさんのような方々と会うことはなかった。Bさんだけではなく、東北で出会う皆さんから学ぶことは本当に多い。そうしたものは東京でいつも通り生活していたら絶対に知ることがない。唐桑ツアーでは震災に関する話だけでなく、プライベートなことまで、いろいろな話をする。だからこそ東北を好きになれたと思う。
 ところで、今回のツアーでは、痛烈に感じたことがある。災害を含む、様々なリスクである。釘子明さんから避難所運営のお話しを聞いたことで、いかに震災後の生活が壮絶なものか、垣間見えた。震災発生後、多くの人が避難所に集まる。そこで生じる問題を私たちはよく知らない。多くの人が災害の起きたその一時点だけを見ていて、震災後に対する関心が足りないことを痛感した。私たちは、リスクを想定することができていない。想定するに足りる知識も持ち合わせていないと感じる。
 今回のツアーでは一部の参加者が体調を崩すなど、想像していなかった事態が起きた。自分も以前、唐桑に行った後に体調を崩したことがある。にもかかわらず、参加者の健康状態を配慮することができなかった。また、最終日の夜には地震が発生した。私は地震の発生に気づかず、いかにリスク管理ができていないかを気づかされた。地震発生時、私たちは海のすぐそばにいたため、地震だけでなく津波にも警戒しなければならなかったと、今は思う。当時は地震に気づいていなかったため、津波など考えもしなかった。こうした出来事や一瞬の感情は、そのうち風化されてしまうだろう。それは、2011年3月11日に起きた震災も同じだと思う。だからこそ、多くの被災者の方が、本当に起こり得るリスクを想像するために、そして震災の記憶を風化させないために、私たちに震災を語り続けているのだろう。
 震災を乗り越えようとする東北が好きだ。東北の人たちと交流を続けていたい。そして、そこであった震災というリスクを、忘れないようにずっと思い出していたい。震災を忘れないために、私には何ができるのかを深く考えて、時には行動を起こしていきたい。そうすれば、震災を風化させたくない、という被災者の意思に沿えるような気がするのだ。

スポンサーサイト

【2017/03/26 19:55】 | 活動報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。