立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のさんさん広場のお知らせです!

「さんさん広場」は学生ネットワーク「Joy study project」による活動の一つです。「Joy study project」は、東日本大震災の復興支援の一環として、新宿区内に居住されている東北からの避難者の方々のサポートを目的として結成された、立教大学をはじめとする近隣大学の学生のボランティアネットワークです。現在は、百人町アパートを中心とした地域コミュニティ活性化に重点を置きながら、地域住民の皆様や連絡会と連携して活動しています。毎月第2土曜日にアパートの集会室をお借りしてサロン活動「さんさん広場」を開催しています。

日時:2015年4月11日(土) 、11:40(JR高田馬場駅戸山口集合)〜17:00
(一部の時間のみ参加も可能、午前中はNPO協働推進センター他にて注意事項などの説明会を行います)

場所:都営百人町アパート14・15号棟集会室

アクセス:JR高田馬場駅の戸山口から徒歩15分(連絡をくださればご案内します)

備考:昼食を持参してください。(近くにセブンイレブンがあります)
    外を走りまわったりするので、動きやすく汚れてもいい服装での参加をお願いします。

参加希望の方は、東日本大震災復興支援団体 Frontiers(frontiers.rdy@gmail.com)まで、【2015年4月8日(水)】までに、氏名・連絡先・参加時間帯をご記入の上ご連絡ください。
なお、ボランティア保険に登録しますので、初参加の方は住所もご記入ください。

さんさん広場についてもっと詳しく知りたい方も、まずは上記アドレスまでお気軽にご連絡ください。
皆様の参加をお待ちしております!

スポンサーサイト

【2015/03/31 15:38】 | 募集
トラックバック(0) |
宮城県気仙沼市唐桑町ツアー実施のお知らせです!

東日本大震災から今年度で5年目です。ツアーに参加して、実際に現地を回ったり現地の人々と触れ合うことで、東北をより身近に感じてみませんか?ツアーは、現地の方々との触れ合いを重視し、参加者各々の希望に沿って実施したいと思います。
■日程:2015年5月1日(金)〜4日(月)朝まで
■活動場所:宮城県気仙沼市唐桑町
■費用:35,000円程度(費用には交通費・宿泊費・ボランティア保険料を含みます。立教大学復興支援本部による支援認定を申請予定。支援認定により、実質本人負担額は15,000円程度になる予定です。)
■募集人数:3名程度(引率者・Frontiersメンバーを含むツアー参加者数 12名)
■宿泊先:唐桑御殿つなかん(気仙沼市唐桑町鮪立80)
■移動手段:新幹線(現地まで)、レンタカーなど(現地移動)、夜行バス(池袋まで)
■活動内容:現地視察、現地の方々との交流

このツアーに参加希望の方は以下の説明会等への出席が参加条件となります。
■説明会日時:2015年4月10日(金)昼休み、または2015年4月15日(水)昼休み
■顔合わせ:2015年4月22日(水)昼休み、または2015年4月23日(木)昼休み
■事前勉強会:2015年4月23日(木)18:30〜、または2015年4月25日(土)昼休み
*場所はいずれも池袋キャンパス5号館1階復興支援交流スペースです。
*また、別途振り返りもございます。こちらは、また追って日程を調整させていただきます。
■申し込み締め切り:2015年4月17日(※先着順)
■申し込み方法:氏名・学年・学部・学科、連絡先をご記入の上、frontiers.rdy@gmail.comまでご連絡ください。

主催:立教大学社会学部東日本大震災・RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト、東日本大震災復興支援団体Frontiers

*どなたでも気軽に参加できます。ぜひ一緒に東北を感じましょう!詳しく話を聞きたい!という方もfrontiers.rdy@gmail.comまでご連絡ください!

【2015/03/31 15:34】 | 募集
トラックバック(0) |
「唐桑ツアー写真展〜私たちが見たもの感じたもの」開催!

立教大学東日本大震災復興支援団体frontiersが年3回企画している唐桑ツアーの活動報告の1つの形として写真展を開催します!
唐桑ツアーは学生が東北に関わるきっかけ、復興支援について考えるきっかけづくりを目標に、気仙沼市唐桑町、陸前高田市を中心に活動しています。これまで唐桑ツアーは6回開催し、のべ57名の学生・院生が参加しました。
そこで今回の写真展では、唐桑ツアーの今までの参加者(学生・院生・教員)に印象に残った写真を選んでもらい、それに対して思ったこと・感じたことを便箋に書いてもらいました。それぞれの参加者の目に映った東北を見てみませんか?

■期間: 2015年4月2日(木)〜4月8日(水)  9:00~17:00
※4/8以降も交流スペースが開いている日は展示を見ることができます。(展示終了時期未定)
■場所:池袋キャンパス 5号館 1階 復興交流支援スペース
■入場無料

お問い合わせ: frontiers.rdy@gmail.com /Twitter :@RIKKYOfrontiers(立教大学東日本大震災復興支援団体Frontiers)



【2015/03/31 15:33】 | イベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。