立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災・RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト第7回イベント
「新宿区での避難者支援とコミュニティづくり
  ―東京でできる支援活動を考える―」



新宿区では、社会福祉協議会、NPO、立教大学を含む近隣の大学、地域住民が連携しながら、被災地からの避難者に対して子どもの学習支援活動、カフェのような互いに話ができる場をつくる活動などを行い、コミュニティづくりをどう進めていくかを模索しています。これらの活動についてご報告いただき、東京で行う支援活動として、今何が必要で、何が可能なのかを考えていきます。

日時:2012年6月29日(金)18:30~20:30

場所:池袋キャンパス 14号館3階 D301教室

登壇者:
中山 岳文 氏(新宿区社会福祉協議会)
鵜飼 明弘 氏
(NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン事務局)
七野 美奈子 氏
(NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン事務局)


関連URL:
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2012/06/11084/


お問合せ:RDY支援プロジェクト事務局 筒井
TEL:03-3985-3979(月曜・金曜13:30~18:30)
メール:rdy.jimu@gmail.com

事前申し込み不要です。どなたでもご参加ください。
みなさまのご参加、お待ちしております。

スポンサーサイト

【2012/06/22 19:40】 | イベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。