立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災・RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクトとは

2011年3月11日、東日本大震災が発生。立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考える実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部は「東日本大震災・RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」を立ち上げました。
 社会学部ではこれからも私たちができることを続けていきます。

スポンサーサイト

【2012/05/21 16:45】 | RDYとは
トラックバック(0) |
RDYがこれまで行ってきたイベントを紹介します。


■第1回イベント 
「立教生が語る<震災支援ボランティア>」

■第2回イベント 
「<支援ボランティア>活動が広げるネットワーク」

■第3回イベント 
「震災支援の現状と復興に向けた挑戦~被災地の現場から~)」

主催:ESD研究センター

■第4回イベント 
「ふるさとは負けない-東日本大震災からの復興・再生-」
主催:ESD研究センター
レポート:第4回イベント 講演会レポート

■第5回イベント 
「「福島」から「フクシマ論」へ―「『フクシマ』論」著者、開沼 博さんと福島の若者が語る「フクシマ」―」

主催:TEAM iups、社会学部、東日本大震災・RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト

■第6回イベント 
「僕が見た被災地/私たちが見た被災地―支援活動を振り返って―」



【2012/05/21 16:24】 | RDYとは
トラックバック(0) |
立教大学Frontiersとは

Frontiersは、東日本大震災直後に現地支援に向かった立教生が「学生が支援しやすい体制を整えたい」という想いから結成した、池袋キャンパス唯一の東北支援団体。


ボランティア帰りの人が、そこからもう一歩先に進むための、

ボランティアをしたい人には、一歩踏み出す手助けを。

震災支援を考えるための<プラットフォーム作り>を目指す。


詳しくはFrontiersホームページをご覧ください。


【2012/05/21 15:48】 | Frontiersとは
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。