立教生ができる支援とは?立教生ができる支援をやろう!私たちができることを考え実行するプロジェクトとして、立教大学社会学部が立ち上げた「RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクト」のブログ
写真展を開催します。

日時:8月5日(水)6日(木)7日(金)10:30~16:00
場所:立教大学池袋キャンパス5号館1階復興支援交流スペース
企画・運営:復興支援交流スペース・Frontiers

Frontiersからのメッセージ:
東日本大震災復興支援団体Frontiersは社会学部東日本大震災・RDY(立教生ができることをやろう)支援プロジェクトと協力し、年に3回東北に学生を派遣するツアーを行っており、主に宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市で活動をしています。ツアーでは交流、現地を知るというところに重きを置いた活動をしています。というのも東北に行って震災の話を聞くだけではその人らしさが見えにくく、「被災者」としてしか捉えられないことがあるからです。

震災、復興に対しての考え方は簡単にひとくくりにできるものではありません。そのことを意識し、その人らしさを知ること、感じることは復興支援をするにあたってとても重要なことだと思います。また、現地を知ることでフォーカスされやすい震災とは別の側面を知ることも重要だと考えています。そのため、私たちは「被災地」、「被災者」という捉え方よりも「気仙沼市唐桑町のどこどこ」や「陸前高田の○○さん」のような捉え方を意識しています。また、私たち自身のことも「支援者」としてのみではなく私たち個人のことを知って欲しいと思っています。

「被災者」、「支援者」という二つの立場のみでは見ることができないその人らしさの部分を対話や交流といった、立場に寄りかかり過ぎない活動から垣間見ることができるのではないでしょうか。その見えにくい部分に支援において大事なものがあるのではないか思っています。

2015年4月2日から8日には唐桑ツアー写真展を開催しました。写真展では唐桑ツアーにおいて運営メンバー含めた参加者がツアー中に撮影された写真の中から自分の好きなものを選び、撮影時に感じていたことや東北への気持ちをコメントとして一緒に展示しました。「被災地」である東北に行った「支援者」が感じたものはその二つの言葉に簡単に集約されない、とても多様なものでした。震災についてコメントしている人、ここにこんな人がいますという人、この料理がおいしかったという人、景色がきれいだったという人等、「支援者」側も震災、東北の捉え方は十人十色でした。

写真展を通して唐桑ツアーに関わった人の「主観」を感じてもらうことで、復興支援あるいは支援の捉え方の違い、難しさ、多様さを知ってもらいたいと考え写真展を企画しました。「これが人のためだ!」とか「これが正しいんだ!」とかいった言葉に集約されない、見えづらいけれどもとても重要なものがあるということを感じてほしいです。

今回は4月の写真展で展示した写真の中からいくつか選んで出展させていただきました。この場が復興支援あるいは東北、そこに住む人について考える場になれば幸いです。

スポンサーサイト

【2015/08/05 10:55】 | イベント
トラックバック(0) |
東日本大震災復興支援本部主催、社会学部共催
講演会「震災と交流空間~気仙沼市唐桑町『カエル塾』が育んできたもの」
―出張カエル塾-東北唐桑出身の「不良」国昭さんが震災をきっかけに旅人の子どもたちと震友になった話―※要事前申込


――新たな視点で震災を捉え直してみませんか?
講師の馬場国昭さんは、宮城県気仙沼市唐桑町で生まれ育ちました。2011年の東日本大震災直後から、津波の被害により損傷を受けるも辛うじて残った母屋をボランティアの学生たちに開放し、自身は納屋で生活していました。母屋が取り壊され、仮設住宅に同氏が移り住んだ後も、納屋には今でも多くの学生らが訪れ、「カエル塾」と呼ばれるこの納屋で馬場さんとの交流が続いています。立教大学と馬場さんとの繋がりは、社会学部による現地活動を通じて生まれました。
この度、そんな馬場さんのカエル塾が、立教大学にやってきます。「東北」のイメージを良い意味で壊してくれる、素敵な「唐桑人」の馬場さんの出張カエル塾にぜひ皆さまお越し下さい。多くの方のご参加をお待ちしております。

日時 2015年7月3日(金)18:30~20:30(開場18:00)
場所 池袋キャンパス 5号館1階 復興支援交流スペース
講師 馬場 国昭 氏(宮城県気仙沼市唐桑町在住、「カエル塾」主宰)
対象者 本学学生、教職員、校友、一般
※入場無料
申込 会場の都合により、事前に参加人数を把握するため、参加希望の方は、件名を「出張カエル塾 参加希望」とし、①参加者氏名 ②所属 ③参加人数をご明記のうえ、電子メールkouryu@rikkyo.ac.jp宛にご連絡ください。(当日参加も会場に余裕があれば可能です。)
主催 東日本大震災復興支援本部
共催 社会学部
問合せ先 東日本大震災復興支援本部 TEL:03-3985-4987
復興支援交流スペースkouryu@rikkyo.ac.jp

( http://www.rikkyo.ac.jp/events/2015/07/16408/ )


【2015/06/25 14:18】 | イベント
トラックバック(0) |
「唐桑ツアー写真展〜私たちが見たもの感じたもの」開催!

立教大学東日本大震災復興支援団体frontiersが年3回企画している唐桑ツアーの活動報告の1つの形として写真展を開催します!
唐桑ツアーは学生が東北に関わるきっかけ、復興支援について考えるきっかけづくりを目標に、気仙沼市唐桑町、陸前高田市を中心に活動しています。これまで唐桑ツアーは6回開催し、のべ57名の学生・院生が参加しました。
そこで今回の写真展では、唐桑ツアーの今までの参加者(学生・院生・教員)に印象に残った写真を選んでもらい、それに対して思ったこと・感じたことを便箋に書いてもらいました。それぞれの参加者の目に映った東北を見てみませんか?

■期間: 2015年4月2日(木)〜4月8日(水)  9:00~17:00
※4/8以降も交流スペースが開いている日は展示を見ることができます。(展示終了時期未定)
■場所:池袋キャンパス 5号館 1階 復興交流支援スペース
■入場無料

お問い合わせ: frontiers.rdy@gmail.com /Twitter :@RIKKYOfrontiers(立教大学東日本大震災復興支援団体Frontiers)



【2015/03/31 15:33】 | イベント
トラックバック(0) |
※2012年、本学社会学部の授業で本学学生・スタッフが大槌町を訪問したさい、偶然の出会いから町を案内していただいたのをきっかけとして、今回の写真展を開催するに至りました。

立教大学東日本大震災復興支援本部主催
『がんばっぺし大槌』写真展 ―― 岩手県大槌町 伊藤陽子さんが見た東日本大震災

大槌生まれ大槌育ちの伊藤陽子さんは、いつも持ち歩いていたコンパクトカメラの電池が切れるまで、壊滅的な被害を受けた町の様子を撮り続けた。津波で行方不明になった2人のお兄さんを探しながら――。

大槌町は岩手県の沿岸部にある人口15000人ほどの町です。2011年3月11日、同町は東日本大震災の直後に発生した津波と火災により、大きな被害を受けました。「被災地」となった大槌町であの時何が起こっていたのか、そして、今はどうなっているのか。今回の写真展では、伊藤陽子さんが撮り続けた写真を展示して、大槌の住民の方から見た大槌町のあの時から今までを伝えます。また伊藤さんにご来場いただき、写真解説をしていただきながら、来場者の皆様とお話していただく時間を設けます。
多くの方のご来場をお待ちしております。

日時 2014年11月22日(土)・24日(月)~28日(金)12:00~17:00
※24日は18:00まで。会場の一部は8:30~20:30まで。
※24日・25日には伊藤陽子さんによる写真解説があります。

場所 池袋キャンパス 5号館1階 復興支援交流スペース周辺

詳細は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2014/11/15418/

【2014/11/13 18:25】 | イベント
トラックバック(0) |
今回は、おべんとうカフェについてのお知らせです。

東日本大震災から3年半が経ち、復興支援に携わっている人も、興味がある人も多いと思います。
私達も含め全員に東北をより身近に感じてもらいたい、そして復興支援に興味のある人同士でもっと交流を持てれば、ということで、気軽におしゃべりできる機会を設けました。
復興支援に関わっている人も何かしらやってみたい人も、Frontiersのメンバーや、他の参加者の方々とお話をしてみませんか?
ぜひお昼ご飯をご持参の上で池袋キャンパス5号館 復興支援交流スペースにお越しください!

日時: 日ごとにテーマを設定して、活動の紹介をします。
 10月1日(水) Joy Study Project(避難者支援活動)など
 10月2日(木) 気仙沼市唐桑ツアー(東北での活動)など
 10月3日(金) 1日目・2日目両方の内容
いずれも お昼休み12:15-13:15

場所:立教大学池袋キャンパス5号館1階 復興支援交流スペース

お問い合わせ:
東日本復興支援団体 Frontiers
frontiers.rdy@gmail.com


【2014/09/25 17:12】 | イベント
トラックバック(0) |